5701eb67.jpg歌舞伎町のホスクラで知り合った女の情報によると某有名キャバクラは枕営業だという。
不景気のあおりを受けて店側の方針として枕営業を行っているのだろうか、それとも嬢たちの意思で・・・?

ともかくセクキャバ逝っても強烈な空虚感に苛まれる俺は久々に歌舞伎町のキャバクラ、その枕営業の有名店とやらに逝ってみた。
単純に枕営業してもらいたいのと、綺麗なキャバクラ嬢とセックスすれば俺の人生何か変化が起こるかも知れないという期待。

俺は何かに期待するというよりすがるような気持ちでその有名店を訪ねた。
結局俺は3年前から成長していないのかも知れない。

木曜だというのにまあまあ人が入っていたように見える。
みんな不景気じゃないのだろうか?
この不景気でも金を持っている選ばれた勝ち組だけが来ているのか?
それとも例の噂は本当か・・・?

初回60分で帰るつもりだったのが延長交渉されて結局90分いた。
その間に5人くらいの嬢がついただろうか。

積極的に赤外線通信などで連絡先を交換してきた嬢は一人で、あとの嬢は名刺に連絡先を書いて渡してくるだけだった。
枕営業するほどの積極性が感じられない。

俺も「この店枕なんでしょ?」と野暮ったいことを聞かなかった。
聞けばデリカシーに欠ける気がした。

一見さんじゃダメなのだろうか?
何度も通ってみて初めて見えてくるものもあるだろう。

渡された連絡先にはまだ連絡していない。
俺が極度のめんどくさがりやだからだ。
まめに連絡するのがとにかくめんどくさい。

情報の真偽を確かめるには噂を聞くのが一番だ、ということで巨大掲示板の出番かも知れない。

匿名性を利用した言いたい放題の場。

人々の悪意の掃き溜め。

責任のない立場であることないこと書き込みしている人種とその悪意には寒気すら感じるが、情報の真偽を確かめるには飛び込む必要があるのかも知れないが、当面は通い続けることが一番だろう。

俺のこんな行動も実は店側の策略だったりしてな。
それでも俺は行動するんだ。
変わるために・・・

90分10000円(延長交渉で30分5000円のところを4000円に値切ってこの値段)