♂フーゾク漫遊期♀

サブカル・フーゾクの世界から日本の将来を考える。

今宵も楽しくパーリナイ!

天使

えづきがなくなった

2cf0c069.JPG最近えづきが全くなくなった。
以前は空腹だと意味もなく吐き気に襲われたものだが、これもタンベゴン効果だろうか。

これもヨガのおかげだね!
ばばあには二度と会いたくないけどね!

うつ病ブログランキングの不可解さ

e48a82b9.jpgうつ病の治療としてブログ療法があって、その一環として当ブログも運営しているわけであるが、芸能人ブログとかアルファブロガーみたいにアクセス数が伸びるわけではない。

もちろん自分が運営しているブログのアクセス数が多ければ誰だって嬉しいだろう。
しかしことさら伸ばす必要があるのか?

ブログのアクセス数を伸ばす手段の一つとしてランキングに登録することが挙げられるが、「うつ病ランキング」だけは不可解だ。

ことさらうつ病であることを強調してアクセス数を稼ぎたいのか?

アフィリエイトで儲けたいのか?

同じような境遇の人に共感を得たいのか?

謎である。

無茶振り

4d542421.jpgくっそー、強行スケジュールだな。
金もやばいし。

誰か倒れても知らないぞ。

主治医の池沼疑惑

f9d3cd34.jpg糞医者が。
新しい薬の説明しといて処方箋に書くの忘れてやんの。
超ぼんミス。

しかも事務処理の手違いが初めてじゃないからね。
こっちが付箋して書いて欲しいとおりにメモしといたのにメモと違うこと書くし。

完全頭悪www

医者だからって事務能力が高いわけじゃないのね。
ほんとクソボケ松竹だな。

慟哭が酷い

cc2a3f55.jpg最近妙に鬱が酷くて慟哭がする。
心が揺れている感じがして具体的には携帯サイト見ている手が震える。

薬に頼りたくはないが増薬するべきだろうか。

マネージャが接触したいと言ってきたぞ

3169ba81.jpgマネージャが俺の顔を見たいと言ってきた。
最近どう?系の話だろう。

いやー、不安だ。
景気が悪いんで俺の首が飛ぶかも知れない。

メンヘラ社員を捨てないでwww

まあ優良企業だし新卒だし大卒だし、切捨て御免みたいなことはないとは思うが、またITやり出したら激鬱になるので人事に異動させてもらいたい。

社労士の勉強とかしてるんだよ!
またカウンセラにも人事の業務を勉強した方がいいと言われたのでTSUTAYAで買ってきて読もう。

大学出て3年半、たまには真面目に勉強するか。

天使のトラウマ

IMG_1046_85最近特に思い出してしまうのが中学時代の奴に馬鹿にされた記憶である。
中学のときはそうでもなかったんだけど中学を卒業してから同級生と街とか同窓会とかでばったり会ったりしたときに、あいつらは俺を笑ったんだ。

「相変わらず顔色悪いね」

「見ろよ!天使がいるぜ!」

「合コンとか誘ってよあはは」

あいつらの嘲笑。
何度思い出しても胸糞悪くなるな。

どうも天使はネタにされたり馬鹿にされやすいみたいです。
普通にしてても目立つもんな。
V系時代も2ちゃんでもよく叩かれた。

そいつらをどうやって巻いてやろうかと色々考えた結果が自分が成功することだった。
セレブか有名人になって見返してやる。
そう思って20代前半は動いていたんだ。

そのモチベーションも徐々に薄れて行ってね、段々どうでもよくなった。

残ったのは負の感情だけだった。

俺は高級な人間であいつらは低級な人間だと思い込むことで克服しようとしても駄目みたいだな。

さて、どう生きるかね。

心療内科

bc193d90.jpg

新しい心療内科は薬を増やすことも精神障害者手帳を申請することにも慎重なようだ。
むしろ減薬することを推奨している。

それはそれで比較的良心的な心療内科だと言える。
しかしうつ病が治りかけている患者にはおすすめだが、俺みたいな重度のメンヘラにはあまりおすすめ出来ない。
病院検索のクチコミに書いてみようか。

つかwww

481f8571.jpg
俺を誘惑すんなwww
キャバクラwww

俺の心に火を付けるな〜!
キャバクラ一回行く金でどれだけのことが出来ると思ってるんだ!

いや、金ないから逝かないだけだけどねwww
金があったら逝くwww

異様に無気力

7fb44cc4.jpg

























最近異様に無気力です。
ずっと眠りこけていたい。

永遠に・・・

そう言えば

702da2c0.jpg























そう言えばこのブログを開設した理由が俺のうつ病のブログ療法のためだったのすっかり忘れていた。

ブログで症状など整理したところで治る気がしないんだがストレス解消にはいいか。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シャワー浴びて寝るか。

憂鬱

6366cf3c.jpg最近昼夜逆転しているから早く寝よー。
ハルシオン増量してもらったしー。

☆天使ってどんな奴☆

3e54b515.jpg☆天使ってどんな奴?☆

ニーチェとゲームをこよなく愛するヴィジュアル系バンドマン。

中2までは素直で成績の優秀な奴(数英は90点切らない)だったが、高校受験で人生に絶望する。

高校時代の失恋により自殺を図るも未遂に終わる。

X JAPANとの出会い、YOSHIKIへの強烈なシンパシーにより音楽に目覚める。

X JAPANとの出会いは人生に華を添えてくれたが、人生への絶望、ルサンチマン(怨恨感情)は果てしなく大きく、ほぼ病気となり10代〜20代前半まで世の中への憎悪が募ってゆく。

様々な出会いを経てヴィジュアル系バンドに加入するも、メンバーと折り合いが悪くなり脱退する。

バンド脱退・早稲田大学第一文学部卒業後、某ITコンサル会社に入社。

技術研修中の体調の急落によりうつ病と診断され、心療内科に通い始める。

10ヶ月勤務した後体調が悪化、営業の勧めににより人生1度目の休職を余儀なくされる。

休職期間の俺は何かに取り憑かれたように、保険組合からもらった傷病手当でキャバクラ・セクキャバ・風俗通いをはじめ、カードを切ることを覚える。

そこで出会った楽ペイサービスにより、月の請求額は一定になるが、何もしなくても口座から10万円引かれるという罠に陥る。

カードの請求残高、擬似恋愛に限界を感じたことや、自分にとって何が必要なのか熟考した後、自分に必要だったのは音楽だったと気づく。

パンクバンドをやりながら、友人の勧めでレコード会社に勤めるも、その会社に将来性が感じられないため職探しを始める。

転職サイトにプロフィールを載せたらSI屋からのオファーがたくさん来るようになった。

技術への憧れは消えないのだがうつ病の俺にはITは無理なのでは…?

俺のやりたいことは何なのか…?

そこで出会った『Web進化論』と『何のために働くのか』という本に触発され、自分の天命は音楽とITなのではないかと気付く。

昼職ではIT企業に勤め社会貢献をし、趣味の音楽で感性を発信する。

これが俺の人生だと思い、オファーをくれた物流系IT会社に転職を決意する。

2008年当時、空前の売り手市場の中、俺は晴れて物流系IT会社に就職する。

これはリベンジだと思い働くも、病状は完治していないようで自殺願望に駆られる。

06新卒で中途入社だった俺を転職先は08新卒扱いにして技術研修をしてくれたことに感謝するのだが、会社の『噂話』の好きな奴らに幻滅する。

技術研修明け、某航空会社系IT会社に派遣されるも案件のレベルが高すぎて新人には仕事がない状態が続き、自身の存在意義を問うこととなる。

俺は何のためにここにいるのだ…?

果てしない虚無感の後、激しい動悸に悩まされる。

すでにカードの残高がやばいことになっていたので休めない…

プロジェクトマネージャーから「相手にしてやれないんだよな」と言われ、人生二度目の休職を決意する。

そこに目をつけたのがレコード会社で働いていたときに知り合った芸プロの社長、Nだ。

サブプライム・原油高・リーマンショックの三連コンボで景気は一気に冷え込み、Nの収入を奪い去った。

彼は新規事業を始めるにあたり、俺を代表にしたいと言った。

彼の押しの強さに負けしぶしぶ代表になる。

うまく行けば俺は経済的自由を手に入れることになり、野望に一歩近づく。

ピンチはチャンスになりえるのか…?

どうなることやら…

ディーバちゃん・・・

cc177fec.jpg朝起きたらディーバちゃんからメールが来てた。
ちゃんとメールが送れてたらしい。

ディーバちゃんのことを思い出しただけでピンコ立ちになる。
嬢活動長いがこんなことは初めてだ。
昨日なんて逢瀬の余韻でモヤモヤして眠れなかったので一発抜いた。

早く逢いたいな・・・
彼女が店辞める前にももう一回くらい逝くか・・・

ディーバちゃん!
Categories
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
記事検索
哲学科卒。
卒論はニーチェの「ニヒリズム」。

IT会社に入ったり休職したりを繰り返す。
大学4年の12月までバンドをやっていたのに翌年1月には内定を取り付けるほどの強運の持ち主。
そう言えば2006〜2008年の空前の売り手市場の甘い汁を存分にすすった。

だが占い師に「自分の強運に振り回されることになる」と予言され、実際にそうなる。

高校受験のとき、人生への絶望からうつ病という厄介な病気になる。
噂のクライムアクションゲーム「Grand Theft Auto」シリーズをやり込んでから仕事に目覚める。

Dry your Tears with Love...










訪問者数

livedoor画像検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ