2fec2be4.gif以前、朝鮮の戦闘員にタックルを食らったときに「デカルトの二元論は嘘だ」と思ったわけだが、嘘というよりも科学的に実証され得ないので批判されているということが分かった。

Wikipedia「実体二元論」より引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E8%BA%AB%E4%BA%8C%E5%85%83%E8%AB%96

実体二元論(じったいにげんろん、英:Substance dualism)とは、心身問題に関する形而上学的な立場のひとつで、この世界にはモノとココロという本質的に異なる独立した二つの実体がある、という考え方。実体二元論という一つのはっきりとした理論があるわけではなく、一般に次の二つの特徴を併せ持つような考え方が実体二元論と呼ばれる。

1.この世界には、肉体や物質といった物理的実体とは別に、魂や霊魂、自我や精神、また時に意識、などと呼ばれる能動性を持った心的実体がある。
2.そして心的な機能の一部(例えば思考や判断など)は物質とは別のこの心的実体が担っている


1や2といった精神的な高次脳機能をデカルトは霊的なものとして捉えたため、批判の対象となったのだ。

大学時代の女の子は物理学で実証されない霊的物質を「エーテル体」と呼んだ。

Wikipedia「エーテル体」より引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E4%BD%93

エーテル体(えーてるたい、英: Etheric body)とは神智学、人智学など神秘主義である神秘学などでいう生物の重層的な身体のひとつ。

最外層の身体である物質体(肉体)を形作るものであることから、「形成体」、生命を維持するものであることから「生命体」とも呼ばれる。

実体として捉えられた生命力でありオーラや気などと同一視されることもある。



エーテル体も神学的概念であることから本質的にオカルトチックであり、物理化学の概念では実証出来ないようである。

しかし近年の量子力学では物理的な体とは別の「エネルギー体」が観測可能ということだが・・・
量子力学のことはまた今度にするか。

あ、大学のレポートではWikipedia引用しちゃダメだからね(笑)