♂フーゾク漫遊期♀

サブカル・フーゾクの世界から日本の将来を考える。

今宵も楽しくパーリナイ!

キャバクラ

女(キャバ嬢)って訳分かんねー!

e1b8b23b.jpg友達の彼女嬢、Aちゃんから電話が来て、明日イベントなので店に行くことになったのだが、どうも彼女の様子がおかしい。

「他の店行くなら私のところに来てよ!」

っていう向こうの営業的目論見は分かるが、

「他の店とか行っちゃやだ!」

って焼きもちなのか独占欲なのか。
彼女曰く彼女の中では俺に対して独占欲があるらしい。

(ノ`Д´)ノ付き合ってないじゃん!


なんで彼女でもない女に行動を制限されねばならないのか。
軽く焼きもち焼いてるのか。

もし彼女が俺に対して焼きもち焼いてるなら戦略的に面白くなって来た。
焼きもちを利用して相手を自分に惹きつけるのは恋愛の高等技術で、焼きもちを焼かせるのは遊び人的には相当快感だ。
俺の中でその快感の度合いは、女の子をホテルに連れ込む快感の度合いに相当するかも知れない。

生きてるって実感がする。

向こうも擬似恋愛から一歩マジ恋愛に発展しかかっているということである。

面白くなって来た.。゚+.(・∀・)゚+.゚

遊びすぎて死にそう・・・

17f5e6a8.gif最近の肉体的疲れがピークに達しており、ユンケルなしでは色々乗り越えられなかったが、火曜の夜、学生ローンの返済に高田馬場に向かった俺は弾けたくてしょうがなかった。

んで火曜の夜から水曜にかけての遊び方。

歌舞伎町の居酒屋で一人で飲む。

歌舞伎町、SWEET HEARTのいるセクキャバに逝ったがいないので浮気嬢の出勤を確認。

歌舞伎町にある、池袋行きつけのピンサロの系列店で一発抜く。

セクキャバLで浮気嬢と浮気。

中野で前やってたバンドのメンバーと飲む。

中野のキャバクラで一杯。

メンバーに帰ると言って歌舞伎町に向かい気になる嬢に逢いに行く。

帰宅後仮眠して東陽町にある企業で就活面接、二度寝して遅刻。
面接は上々。知能検査で高校の数学みたいな問題を出されて苦戦。
受かる確率は五分か。

何故か東陽町にある昼キャバで3時間近くいる。

(;´Д`)しんどい・・・


疲れたんでもう寝るよ。
続きは明日。

元メンバーと一杯

7113f2fe.gif火曜日夜10時、久々に電話した前のバンドのメンバーと飲むことになった。
彼がバンドのリハ終わってから中野の居酒屋で飲むことになった。

彼「やってらんねーよー!人生リセットしてーよー!海外飛びてーよー!」

相当色々溜まっているようだ。
だが病むタイプではない。
30でバンドをやっているような人間で俺よりも女好きだ。

彼とコンタクトを取ったのは歌舞伎町の居酒屋でたまたま連絡したのだが、というのは昔彼に紹介された仕事の関係者から最近電話があって、「あの人から連絡あったんですよ。」と言ったら「飲もうよ!」ということになった。

彼は何と言うか・・・
俺は人に合わせる方だが彼は極端にマイペースだ。
空気というか話の流れが読めてないというかこっちの話に乗る時は乗るのだが、「うん」とか曖昧な返事をして乗らなかったりする。

AB型ってこうなのか。
サンプルが少ないので何とも言えない。

彼とは趣味でバンドをやることになった。
日曜だけ集まるような社会人バンドだ。
久々にドラムを叩ける。

んで女好きが二人集まれば当然・・・

(☆゚∀゚)キャバクラ逝こうぜ!


んで中野のキャバクラ。
そこそこ可愛い子もいるんだが歌舞伎町ほどのボルテージを感じられないので俺のブログの「キャバクラ」カテゴリにカテゴライズする程でもない。
そこそこ楽しく飲んだ。

終電間際、中野から新宿方面の電車が終わっている。
大江戸線はまだやっているというのに。

俺「俺タクシーで帰ります。」
彼「あそ、じゃあね。また連絡するわ。」

で歌舞伎町。
気になる嬢に逢いに逝くぞー!

Nと池キャバ

d6359f31.jpgNと池袋のキャバクラへ向かった。
雑居ビルに何軒かひしめき合っている激戦区だ。

中に入って嬢たちの顔を物色する。
やはり全体的なレベルでは歌舞伎町には劣るか。

Nは我が物顔でVIPルームへ。
俺としては初VIPだ。

N「●●と○○呼んで。」

もうNの話しぶりは何度も来ている常連みたいだ。

さあ今日はどんな飲み方してくれんだ・・・?

Nは俺より若いのに疲れた中間管理職みたいな表情でビールを飲んでいた。
経営ってのは色々あるんだな。

N「金のこと考えると胃が痛いよ。」

金ですね、世の中。
金が人間を支配している。

Nは黒服にいちゃもんつけたり、付いた女の子にお触りしたりしていた。
抱きついて押し倒したりしている。

水商売をやっていた人間としてはこのような行いは見過ごせない。
同行者の俺の品格まで問われるからだ。

俺「お客様!お触りは!」

しかしなあ、Nが抱きついたのが程よく疲れた感じのキャバ嬢で顔の作りが動物っぽくって俺好みだ。
巻き髪もしっくりきてるしスーツの似合ういい女だ。

俺も抱きつきたい・・・
胸もみたい・・・

その子はしょっちゅう呼ばれるし、移動中に常連に挨拶したりしていて水商売が板についている。

いい女だなあ(*´Д`*)
ああいう女と一緒になりたい。

俺たちは結構酔ってきて、Nは肝臓がやられて背中痛いとわめいているし俺は目を開けているのがしんどくて目をつぶったらフラッシュがパシャパシャ焚かれているみたいなビジョンが見えた。

デパスをブランデー水割りで飲んだ。
ドラッグトリートメント。

結局俺たちはラストまでいて、Nが全額負担してくれた。
札束を取り出して会計分の万札を数え始める・・・
どこからそんな金集めたんだ・・・?

謎である。
しかしおごりで気分よく酒も飲めたしまた呼んで下さい!社長!

ネットで始まるキャバクラ恋愛

010f7085.JPGうおー!
すげー破壊力だ。
この写真。

通うしかねえ。

来月から。

Sayonara Kyabakano・・・

efc130c1.bmpもうあの女からの着信もない。
ようやく別れられたらしい。

一件落着だ。

さよならキャバカノ。
思い出をありがとう。
もう逢うこともないね。

キャバカノと別れたい4

0e3c13cd.jpg懸案事項という名のドリルが俺の胃を容赦なく削る。
ブラックホールのような穴は全身のエネルギーをスポイルしている。

懸案事項・・・
キャバカノからの電話への不安である・・・

ヤバい・・・
死ぬかも・・・

今日は心療内科検診である。
んで待ち時間が

(ノ`Д´)ノ長い!


どんだけ押すねん。

懸案事項から身を引くには携帯の電源を切ればいい。
そうすれば彼女からの電話は来ない。

女の子が泣いて出てきた。

早く胃薬の処方を・・・
死ぬ・・・

「プライベートで問題が発生しまして胃が痛いので胃薬を処方していただけませんか?」

俺のロジカルシンキングも多少は板に付いてきた(はず?)。

薬局にて呼び出しを待つ。
抗うつ剤が切れかかってるし胃が痛いしガキがうるさい。
さんざんだ。

家に帰って早速処方された薬を飲んで一安心。
あー助かった。

キャバカノと別れたい3

5c0003ab.jpg胃が痛い。
いつあの女から電話が来るかと思うと気が気じゃない。

めんどくさい。

懸案事項は解決されるまでいつまでも付いて回る。

しかし昨日一昨日と心の準備をしたので今日は対決せねばなりませんね。

奴からの電話を待つか。

キャバカノと別れたい2

73887445.jpg昼間の12時から夜の7時まで寝てしまった。
夜眠れるか心配だ。

「寄生獣」全巻コンプリートしたが1巻が一番面白い。
何度も読んでしまった。

寄生獣 (1) (アフタヌーンKC (26))


電話の電源を入れておくと・・・
あの女から電話だよ。。

まじうぜー。
関わりたくないんですけど。

「連絡してこないで下さい」ってメールしたのにだぜ。
一回ちゃんと話さないといけないんですかね。

HIGH SCHOOL MUSICAL2でも見て気を紛らわせよう。。

キャバカノと別れたい

4ebed7f8.jpgメール着信拒否して電話もぶった切ってるのにまだ連絡してくるんですけど(((( ;゚д゚)))何なんですか!怖いんですけど!もはや会話とかもしたくないんです。別れ話なんかして俺が傷つくのが嫌なんです。俺は卑怯な人間です。

(((( ;゚д゚)))ガタブルガタブル
勘弁してくれ!

キャバ嬢との音信不通

1b58470f.jpg出禁食らった店で仲良くなった嬢にメールや電話をしてもレスポンスがない。

損切りか…

こっちが金払っている分そういったリスクがないのがキャバクラだろうが。

あーショックだ。

疲労困憊

ffe9c1f6.jpg友人宅に俺の余った精神剤を渡しに向かう。
最近友人宅に居候しているらしい若い共同経営者N(20歳前後)がいる。

俺はNに芸能プロダクションで働いた二日分の給料を横領されたので基本的に信用していない。

金の恨みは一生だ。

んで70万相当のパソコン買う金を貸して欲しいと友人に言ったところ…

「トサン(10日で3割の利子)だよ」

あーそんですかそんですか。

んで最近商売どうなのよという話になり…

渋谷のキャバクラに向かうぞ!

3人は友人の車に乗り込む。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

あー疲れた。
キャバクラ二軒ハシゴした後カラオケだぜ。

一人の嬢と結構仲良くなったのはいいがNの飲み方が汚すぎるせいで一軒出禁(出入禁止)になった。

3万円で4時間超いれたからまあいいか。

俺も出禁かな?

遊び人のステータスとして「店に迷惑をかけずに綺麗に飲む」というマナーがあり、彼はそれが分かっていない。
水商売を過去にやっていた俺からしたら余計にそうだ。

遊び人の中で出禁はかなりのバッドステータスだ。

若さ故の過ちというものか…

渋谷地区の風俗はまだ摘発の魔の手に晒されていないサンクチュアリだ。
深夜営業の風俗のポン引きがガンガン声をかけてくる。

Nは出禁食らったという事に対してずっとキレっぱなしだ。

パラノイアだ。
敵に回したらめんどくさい奴だな。

友人宅に友人の運転向かう。
運転できないとか言ってたのになかなか上品な運転だ。

俺はデパスとマイスリー10mg飲んで仮眠をするつもりがいつの間にか熟睡してしまった。
ハルシオンとサイレース無しで眠れてしまったのだ。

友人は俺の隣で寝ていたのだが悪夢にうなされ叩き起こされていた。
やはり悪い霊に憑り付かれているに違いない。

人が良くてスピリチュアルに自分を清めようとしていない人間に悪霊は憑依するんだと思う。

あーやだやだ。

さっさと退散。

乙かれ様でした。

キャバ嬢ダブルブッキング 〜後編:友達の彼女嬢と覚醒〜

5c6845a2.jpg歌舞伎町に到着。
友達の彼女嬢はまだ来ていない。

彼女とは俺のバースデイということでシャンパンを彼女の店で彼女の「おごり」で入れてもらうことになっている。
俺がホストだったらなかなかなことだろう。
素人でも結構すごいよな。

でもシャンパン入れてもらうより物買って貰う方がジゴロ気分じゃない?
物は残るしね。
後で交渉してみよう。

俺はキャバカノとのバトルの余韻を引きずっており若干血の気が引いたままだったが、歌舞伎町を歩く人々を観察して気を紛らわしていた。

ホストのキャッチ。

チャライ男に「声かけて」と言わんばかりのセクシーなショートパンツに透き通るような白い肌で巻き髪の女の子。

歌舞伎町を見学してるらしいおばちゃんの一群とガイド。

若い大学生の群れ。

色んな人がいるな。

トイレがやたら近いので彼女を待っている間2回くらいトイレに行った。

トイレには水道の蛇口からペットボトルに水を入れているホームレスがいたりした。

大分気が紛れた。

彼女からの連絡だ。

早速シャンパンよりドンキホーテで物を買ってもらうよう交渉…

一瞬で

駄目ですた…

まあいいや。

店に普通に同伴。
キャバ嬢と同伴って擬似恋愛だよな〜。
キャバクラのキャッチをすり抜けながらキャバ嬢と街を歩いている間つくづくそう思った。

店に到着。
黒服に案内されヘルプが付く。

ヘルプと談笑。

自分のトークを聴いて俺も結構キャバ嬢と接する数こなして来たよな〜と思った。

トークテクが向上しているのである!!

何かの役に立つんですかね。

いよいよ嬢の登場。
素人臭さを売りにしているのか元々友達だからか彼女の営業スタイルは素だ。

シャンパンでヒートアップ…

べろんべろんです。

結構飲み方汚かったと思うけど店員さんごめんね!

何かに突き動かされて、というか俺の中で変なストイックさとチャレンジ精神が働いて「シャンパン飲み干すまでは帰らねえ!」と息巻いていたのでさすがに嬢に酒を止められた。

相当酔っていた。

小便が止まらねえ。

でもそんなの関係ねえ!

彼女とは出会ったときに「覚醒」と呼ばれる状態について話して妙にシンパシーを感じた。

「覚醒」…

脳内に散らばっている破片が一つに収縮して立体を形成する感じ。
自分のレベルが怖いくらいに上がりまくる感じ。

何かが目覚める!

俺はこの症状の後、自分を高めて世の中の人間を全て啓蒙するべきだと錯覚した。
彼女はこの症状の後、人の感情が見えすぎて恐怖を感じたという。

何なんだ、一体…

ああ、彼女と話しているとまた覚醒しそうだ…

何かが目覚める!

俺「友達(彼女の元彼)って霊が見えてさ…」

嬢「やめて〜!怖い〜!」

俺「そういう場合はさ、確固たる意思を持ってだね…」

嬢「やめてってば!もう!席立つからね!」

怒らせてしまったようだ。

俺は霊的な世界が見えるような素質があると自分で思っているが、霊が見えたところで何らメリットがないと思っているのでそういう世界に対する視界は全て遮断している。

霊は人がいい人にとりつきやすいと言う。
そういう存在には確固たる意思で決別すべきだというのが俺の持論だ。
だから今のところ霊が見えたり金縛りにあったりしない(たまーに「なんかいる!」と感じることがあるが)。

この世の存在じゃないものが未練がましく生きる人に迷惑かけるんじゃねえ!



と、ヘルプが付いたので話す。
結構派手めのいい女だ。

俺「一夫多妻制ってどう思います?」

ヘルプ嬢「いいんじゃないですかね。」

適当な会話だなw

彼女嬢はと言えば、俺にビビりまくりだ。

ああ、彼女を見ていると…

俺の中の何かが開花しそうだ!

嬢「そんな目で見ないで!私を開花させる気でしょ!?」

彼女と俺が共鳴し合っている!

結局彼女が「これ以上は怖すぎる!私を開花させないで!」と俺にビビり過ぎたので退散することにした。

会計40000円也。
結構いたな。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

帰りがけ、俺は覚醒した当時(大学2年生)の頃の気分に戻って俺の中でレベルが上がりまくる感じがした。

自分を高める。

これが当時の俺のテーゼだったが風邪をひくことで懐疑が湧いた。

何のために?

当時はこの懐疑の答えが出ずに挫折したが、今はこう言えるだろう。

帝王になるためだよ!


地元の駅から家路に着くときそう確信した。

俺は帝王になる。

不労所得で一夫多妻。

帝国を築くのだ!

キャバ嬢ダブルブッキング 〜後編:キャバカノ〜

今日(9/29)は俺の誕生日で
色々ありますた。

取り敢えず一応彼女で色恋営業して来る(と見なしている)キャバカノのことからです。

28日夕方頃に、29日は俺の誕生日だからと彼女から家に来てとの連絡がありました。
その後29日の昼になってメールで起きてるか確認したところ(金曜明けの土曜なので仕事で疲れて寝てると気遣ってメールで)なかなか返事が来ません。

俺は抗鬱剤飲んだ後養命酒飲んで酔っ払った状態になり、一人で楽しく妄想しながらベッドで横になっていました。
9/29は気温が涼しく、布団に潜っているのが快感でした。

連絡が来ないな…

と思って4時頃彼女から電話が来ました。
このまま布団に潜っていたい気分ですが行かねばなりません。

彼女の家に到着です。
彼女は買い物に行ってました。

「人のこと呼び出しておいて買い物かよ!」

暇なので彼女の家の近くの喫茶店で「吉本印天然素材」「人志松本のすべらない話」「宮川大輔」についてWikipediaで調べていました。

吉本印天然素材

人志松本のすべらない話

宮川大輔

彼女から連絡です。
これはキレないわけには行きません。

メールでの会話:

嬢「ごめんね、怒った?」

俺「うん、怒った。何か買った?」

嬢「香水買ったよ!」

実際の会話:

俺「普段温厚な俺でも終いにゃ怒るぞ。」

嬢「ほんとごめ〜ん!」

俺「今日はちょっと集まりがあるから(同伴はしねーぞ)。」

嬢「今日出勤しようか微妙なんだよね。」

あーよかった。
同伴目的で呼び出した訳ではないようです。

彼女は手作りの食事とケーキを用意してくれました。
おお、キャバ嬢にここまでさせるなんて俺の営業も捨てたもんじゃないな。

でも食べ切れなかったので申し訳なくて謝りました。

俺「食べ切れなくてごめんね。」

嬢「いいよ〜。」

そろそろ時間か、と時計を見たところもうすぐ友達の彼女嬢と約束の時間です。

ふう、さて行くかと…

嬢「ねえ、電話代払えなくてヤバいんだけど。」

俺「大変だね。」

嬢「助けてくれない?半額でいいから。」

(((( ;゚д゚)))ハァ!?


裏引きですか。
その手には乗りません。
ヤッてもいない女のために無駄金は出せません。

俺「そんなの自己責任だろうが。」

嬢「お願い助けて!さっき払ってくれるって言ったじゃん!」

(((( ;゚д゚)))イツヤネン!?


真剣な目つきで俺を見つめ嫌〜な雰囲気を醸し出す。

さーっと血の気が引くのを感じる。

俺が悪いような雰囲気になっている!?

俺が悪いのか?

(((( ;゚д゚)))ウツニワルイYO!

断固拒絶です。
以前キャバ嬢に金貸して飛ばれたことありますから金の貸し借りにはシビアです(キャバ代は遊び代だから別腹なんです)。

キャバ嬢に金を貸してはいけない

俺「俺もう行くから。」

嬢「もういいよ、せっかく料理とか作って店にも呼ばなかったのにさ!」

何だこの女。
俺は恐怖を感じた。

金銭感覚が狂った女。

人を財布代わりにしか思っていないような女。

それがキャバ嬢。

ヤバい…

俺はそそくさと退散しタクシーを拾い歌舞伎町に向かう。
タクシーの運ちゃんに起こった出来事について愚痴を言う。

俺「俺悪くないっすよね!?」

運ちゃん「いや〜そんな女は止めたほうがいい!金がかかってしょうがない!」

愚痴ってすっきりした。
気分がよくなったので「おつりはいらないよ!」と気前(・∀・)イイ!

歌舞伎町に向かうぞ!
友達の彼女嬢と合流だ!

キャバ嬢ダブルブッキング 〜前編〜

911a3a12.gifおぉっ!!
ヒット数86は自己新記録ですね。

以前ポジティブシンキングについて語ったときの76が自己新記録でした。

ポジティブシンキングについて

Googleで「鬱」と検索すると関連事項で「耳をすませば」が出てくるので「耳をすませば鬱になる」という名前の記事のおかげでしょうか。

それはいいんですが…
明日は俺の誕生日です。

キャバカノに家に来るように呼ばれています。
多分彼女としてはなし崩しなしに同伴する算段でしょう。

しかし僕は友達の彼女嬢と同伴する約束をしてしまったのです。

あぁどうなるセクキャバ天使よ。
運命の女神様…
俺にどうしろというのですか?

キャバカノの家に昼過ぎに行く

夕方頃「用事が出来た」と言って逃げ出す

友達の彼女嬢と同伴する

友達の彼女嬢にシャンパンを入れて貰ってMission Completed!!

ウマー(・Д・)く行くんでしょうか…
すげ心配でつ…

ディズニーちゃんねるで放映中の『キム・ポッシブル』の主題歌で安良城紅 の「CALL ME,BEEP ME!」が入っているマキシ「光の数だけグラマラス」を買ったらすげえよかった。
英語の発音が半端なく上手い。
オススメ。

光の数だけ、グラマラス(DVD付)

内定ぇ〜!

14aaae56.JPG早く内定を出すのだー!
大手メーカー系コンサルー!

結果が待ち遠しくてうずうずしてる。
果報は寝て待てと言う。

キャバカノから家に来ないかと電話があったが同伴したくない旨を伝えるとそれとなしに家に行く話はなくなった。

なんなんだ、一体。

内定ぇ〜出せー!

キャバカノの家に呼ばれた

25548c58.jpgキャバカノからの久々の着信。
どうせいつもの色恋だと思いきや調子がよくなって来たので前回の一万円払うから家に来てから同伴して欲しいということだった。

(((( ;゚д゚)))家!?


千載一遇のチャンスだぜ。
夕焼けニャンニャン…

「へんな目的で来ないでね。」
普通は変な目的で女の家に逝くだろ。

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*゚・*:.。..。.:*・゜゚・*゚・*:.。..。.:*・゜゚・*゚・*:.。..。.:*・゜゚・*゚・*:.。..。.:*・゜゚・*゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

都内某所。
電車で一本で彼女の家の最寄り駅へ。
都心に近い住宅街。

割と高級そうなマンション。
俺は彼女のお使いを終えた後彼女のマンションの下で彼女を待ち、彼女が降りてきて一緒に上がった。

やったぜ!
これで勝負は勝ちだと思いきや。

「変なことしないでね。」

俺ら付き合ってるんだろ!?

しかし女の家に上がるなんて中学以来だ。
小奇麗でこじんまりとしている。

俺「疲れたから寝てるね。」

俺は彼女のベッドで横になっていた。

あーすげー癒される。
夕日が眩しい。

彼女はと言えば何か作業をしながら営業電話とか友達に電話したりしている。

絵を描いている。
ポップアートだ。

実力的には結構なもんだぞ。
スポンサーさえ付けば結構金になるんじゃないか。

嬢「500円で買って。」

おめえ歌舞伎町のキャバクラで時給5000円とかで働いているのに500円請求…

まぁ買ってないんだけどさ。

その後彼女の病院とヘアメイク付き添ったりして彼女の新しい店に同伴した。
IT社長とかのプライベートルームみたいな内装の店で、なかなか居心地よかったぞ。
今まで逝ったクラブ系でトップクラスのリラクゼーション。

店でも密着状態で軽くいちゃいちゃカップルに見えたに違いない。

完全に彼氏気分。

気分!


どうなんですかね、セックスしてない上彼女がキャバ嬢である以上カップルと言えるんですかね。
微妙な関係ですね。

んで歌舞伎町寄ったついでにSWEET HEARTの店(歌舞伎町高級セクキャバ)に逝ったら彼女は休みだった。
電話しても出ないし軽く凹んだ。

まぁキャバカノの家は霊的に半端なく神々しく清められていて、実際下手な寺に行くより気分がよくなるし、彼女のベッドで横になっているだけで相当癒されたのでよしとしよう(ワンルームで家賃15万だってさ!どんだけ!?)。

友達の彼女を口説いてみる 〜歌舞伎町営業2007/09/14〜

2d94f811.jpg「取り敢えず付き合おう!スナック感覚で!」

「めんどくさいから結婚しよう!」

「やっちゃえばいいじゃん!やっちゃえばいいじゃん!」

「枕(営業)してよ!」

↑こんなんで口説けるわけがねー。

俺頑張った、が、
押しが強すぎて駄目だったみたい。

彼女と会うのは二度目だが前回会った時に押しで渋谷のバーに連れ込んだ。
俺は「この子は押しでイケる!」と妙な確信を抱いたわけだが、適当な言葉で押しで押しまくったら引かれた。

嬢「そんな人だとは思わなかった!」

せっかくアフター狙いで彼女の店まで逝ってモエ・シャンドン入れたのにだぜ。
やらしてくれないんだぜ。

超!無駄に思えてきた。

あ〜すげー凹んだぜ。
何やってんだ漏れ。

コンサルタントですからねぇ。
提案営業です、提案営業。

貴方の人生をコンサルティング致します!

久々歌舞伎町営業

870e7112.JPG今日は友達の彼女のキャバ嬢の営業に応じて歌舞伎町営業逝って来るぜ!
アフター狙いだぜ!
あわよくばホテルインだぜ!
セクキャバで前戯レベルは相当アガったが、AVで抜き過ぎて射精障害になっているので本番持ち込んでも起たない可能性大だぜ!

でもやれるだけやってみる!
漏れ頑張る!

ギターなどを衝動買いしてみる

0ae7864d.jpgゆめちゃんカワユス(´∀`)
萌え(*´Д`*)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

秋葉原の楽器屋にピアノタッチのキーボードを買いに行ったがいいのがなかった。
代わりに10万円のギターを衝動買いした。

これが本当の自己投資というものですな。
キャバクラとか逝ってた自分が馬鹿みたいだ。

キャバクラとは自分に何もない人が見栄を張って金をどぶに捨てるところです。

Moi dix MoisのMana様モデルが欲しかったけどメーカー発注で9月に届くとか言われたのでやめた。
適当にかっこいいのを選ぶ。

「カードで一括で。」

金があるっていいねぇ(´∀`*)
ミュージシャン(学生)時代は金ないわ女いないわでウツだわでろくなことがない。

鬱の回復に音楽療法があるという。
音楽を聴いたり音楽を演奏することによって病状が回復するのだ。
高島なんとかがピアノと歌を習うことで鬱を克服したとかテレビでやっていた。

ギター弾くぞー(゚皿゚メ)
ギター弾くぞー(゚Д゚)ゴルァ!!
ギター弾くぞー(屮゚Д゚)屮 カモーン

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

昨日やってたチュートのネタが早速うpされている。
俺は映像関係には弱いからこういう仕事(自ら編集した動画をYouTubeにうpする)が出来る人は尊敬に値する。
こういう人たちがいるから俺たちが楽しめるのだ。

ありがたい話です。

チュートリアルで「スキューバダイビング」

キャバ嬢に金を貸してはいけない

3f4211c8.jpgちょうど去年の今頃。
俺は歌舞伎町であるキャバ嬢に出会った。
その嬢は精神的に爆弾を抱えていて俺は彼女を支えてやりたい欲求に駆られた。

彼女は体を壊して入院したのだがこともあろうにその後実家に帰ったのだ。
俺は彼女は入院費をどうするのだろうと思った。

そして彼女から連絡が来た。

嬢「入院費貸してくれない!?ちゃんと返すから!」

俺は考えた。
なんて頭の悪い嬢なんだと。
入院には金がかかるし入院中働いてないんだから実家に帰ったりなんかしたら金欠になるのは当たり前だ。
そんなことも分からないのか。

俺は考えた。
入院費を貸す交換条件として肉体関係に持ち込もうかと思ったが、それじゃまるで売春だし、彼女のプライドを傷つけることになるだろう。

俺はすんなり金を貸すことにした。
今思えばそれが悲劇の始まりであった。

俺はその嬢に感情移入していたから、本当に金が必要なら実家の親とか消費者金融にでも借りればいいだろ、と突き放すことが出来なかったのだ。

金額にして5万円。
ちょうど会社勤めだして金が余っていたので女遊びを覚えだした頃で、俺の金銭感覚が狂いだしていた頃。
俺の遊泳費でまかなえる金額だ。

俺は嬢をバーに呼び出して5万円を貸した。
と同時に付き合わないかと提案をしてみた。

付き合うことは結果的に断られる。
その後彼女に金を貸していることがかなりのストレスになってきたのだ。

俺「早くお金返してね。」

彼女でもない女にいつまでも金を貸し続けられるほど俺は人間が出来ていない。

嬢「信用してないんだね。」

彼女でもない女を信用なんて出来ない。

嬢は金を返すそぶりを見せない。
いつになっても金を返そうとしない嬢に段々腹が立ってきた。
というよりもストレスで胃がきりきり痛むほどになってきた。

嬢に電話する。

俺「ちょっとづつでいいから金返せよ。」

嬢「ちゃんと返すよ!」

その後着信拒否。

店に乗り込んでやろうか。
Grand Theft Autoのミッションみたいに店に乗り込んで嬢をぶちのめしてやろうか。

だが俺にそんな度胸はなかった。
結局俺は半端者なのである。

結局嬢の消息も分からずに貸した5万円は闇へ消えていったのだ。
5万円は吉原で遊べる値段である。
何と勿体無いことをしたのか。

俺は嬢に失望することによって自分を慰めようとした。
所詮水商売をやっている人間は筋を通せないのだと。

そして学んだ。
自分は器の小さい人間なんだと。
まともな職業をしていない人間に金を貸してはいけない。
奴らは人を利用することしか頭にない人種であると。

そう思うことで自分を慰めようとしたが虚しかった。
一年経った今でも心の傷も金ももう元に戻らないのである。

歌舞伎町に近づくなと神の啓示だろうか。
今思えばブログをやって自分に対して客観的になれていたらまた結果が違っただろう。
だが音楽という心の支えを失った俺は再び歌舞伎町の魔力に引き込まれていくのであった。

禁断症状

07e7fcbc.jpgうおー

女遊びしたくなってきたぜ。

最近気になっているNo1がいる店のRちゃんに逢いたい。
しかし指名するとヘルプが口説けない。

Rちゃんも口説きたい。
ヘルプも口説きたい。

俺はどうすればいいんだ…

イーメクラッ(ノ`Д´)ノ!!


イーメクラッ(ノ`Д´)ノ!!


イーメクラッ(ノ`Д´)ノ!!


イーメクラッ(ノ`Д´)ノ!!



急にイメクラコールが…
もう訳わかんねぇよ…

キャバクラ体験談閉鎖

bd265077.gifハンさんが管理人を務める「キャバクラ失敗体験談」が閉鎖されるそうです。

ハンさんは面識はありませんが
キャバクラで初めてまともに女性と話したようなウブなナイスガイです。

このブログを読んだ人はよかったら尋ねてみて下さい。

キャバクラ失敗体験談

以下引用。


顔も良くない、お金も持っていない、
でも、それでも女性ウケをする手段があります。
それが、『性格』です。
爽やかで、明るくて、話が面白い。
そんなモテる手段だってあるのです。


私は酔っていたせいもあってか、
彼女と自然とキスをしました。
狙っていたわけではありません。
そう、恋人同士が自然にキスをする感じで。
これは言葉では説明しづらいのですが、
キスをしてもいい雰囲気ってあると思います。
その信号が彼女が出して、それを察するみたいな。
二人が1階に着く頃には、彼女は私の腕を組んでいました。
わずか4階降りる間に、すっかり恋人同士です。
気分は恋人同士なので、これも自然とホテルに行くという
雰囲気になっています。
私は、彼女とエッチをする目的で会ったのではありません。
デートをしたくて、誘ったのではありません。
単に、お互いが知っているバーがあったので、
そこで一緒にお酒を飲む約束をしただけです。
妙な下心が、自分の期待した結果にはならず、
自然な振る舞いが、自然と恋人同士のような雰囲気を、
作り出すのかもしれません。


手持ちのお金が底を尽き、
キャバクラ代をカードで払うようになりました。
お金も体力も、いろんなものを失って行く感じです。
でも、彼女を好きな気持ちでいっぱいで、
その時の私には何も見えなかったかもしれません。
彼女は彼とは一緒に住んでいるけど、
彼女は私を見ていてくれます。
ですから、私は彼女に会いに行っていたのでしょう。
しかし、結果的には彼女に振り回されている自分がいて、
キャバクラに行ったり、彼女に会うのが
習慣化しているようにさえ思うようになりました。
身体がキャバクラに勝手に向かう、
そんな感じです。

歌舞伎町営業 2007/07/20 

006b30a1.jpg銀行のセミナー中にキャバカノからメールが来た。

嬢「今日強制同伴日でマジやばいんだけど!!助けて!」

強制同伴日…
六本木並みだ。
さすがは高級店。
高い日当出す代わりにキャストの尻を叩いて結果を出させる。

ただ同伴したら馬鹿みたいなので当然駆け引きをする。
キャバクラ逝く気分じゃなかったし。

俺「会計半分出してくれたらいいよ。」



嬢「旅に出ます。ありがとう。」

( ;゚д゚)ハァ!?

セミナーを聞きながらしばらく考える。
旅に出るって…
ナニ考えてんだ。

( ゚д゚)ア〜

( ゚д゚)ア〜〜

彼女を見捨てることなんて俺に出来るのか?

俺「分かったよ。行くよ。だから今度1日空けてや。」

嬢「えっ!?ありがと〜」

結局人がいいんだな、俺は。


セミナーが若干長引いて歌舞伎町に着いたのは11時くらい。
キャバカノと合流して店に向かう。

金曜ということもあり、超高級店がほぼ満卓だ。
みんな金曜ははじけたいんだな。

嬢「ありがと〜」

俺「ああ」

キャバカノ…
ルボックスという薬を6錠も飲んでいる。

嬢「楽しいんだけど〜」

目がうつろだ。
大丈夫か?
俺より遥か彼方を見ている。

ルボックス…別名強気薬。
心療内科に通い始めた頃俺はこの薬を飲んでいた。

この薬は脳内でセロトニンを吸収する受容体を閉じて
脳内にセロトニンが溜まった状態にする(SSRI)。

つまり不安がなくなる。
精神安定剤というよりは向精神剤に近いだろう。
(あまり薬の知識はないんだが)

俺はこの薬を1日2錠を飲んで自分が日本経済を担う人間だという錯覚を覚えた。
強気になった俺は当時の上司、担当とバトルを繰り返した。
そして会社の人間関係を引っ掻き回した。

そのことを担当医に話してこの薬は俺には危険なので処方をやめることにした。

そんな薬を6錠…

俺がそんなに飲んだら宅間守とか酒鬼薔薇聖斗みたいになるぞ。

嬢「もう店来ると思うだけで嫌なの。
  今日も休みたかったのに休ましてくれなかったの。」

俺「こんな店辞めちまえ。俺は今の君を見てられない。」

嬢「自分のペースで働ける店にする。」

俺「そうした方がいい。」

嬢「ねえ、延長料金私が払うからもう1時間いて。」

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

どんだけ不安なんだ…

俺という存在が彼女の精神安定に一役買っているとしたら
この俺も捨てたもんじゃない。

誰かに必要とされるってのはいい気分だ。
たとえそれが幻想だとしても…


黒服「そろそろお時間ですが。」

俺「そろそろ帰るか。」

嬢「私も帰る〜」

俺「そんなにしんどいのか…」


嬢「今日ありがとね。」

俺「じゃあ、あんまり無理しないで。」

嬢「うん、ありがと。」

彼女をここまで頑張らせた環境。
俺はこの店を許すことは出来ない。

No1のバースデイ

a2b8e641.jpgNo1のバースデイに逝った。

「8時に来て」との連絡があったので8時に行ったら超混んでるし。

嬢はなかなか付かない。

やっとヘルプが来た。

そしてNo1嬢。

嬢「シャンパン入れてくれるんでしょ?」

俺「いいですよ。」

嬢「ドンペリいこうよ〜」

俺「モエ・シャンドンで。」

かんぱ〜い!

No1が呼ばれた。

周りの席にもシャンパンやらケーキやらがたくさん出ている。

シャンパンを飲みながらヘルプを口説く。

酔いが回ってきた。

手当たり次第口説く口説く。

だけどヘルプだという理由で断られる。

今度からフリーで入ろうかね。

結局No1は2時間で一回しか付かなかった。

モエシャン飲み干したぜ!

んでチェック。

黒服「そろそろお時間なんですが…」

俺「最後くらい付けろや。」

黒服「いえ、指名がかぶっておりますのでなんとかお見送りなら…」

あーもういいや。

No1の見送り。店外デートの確認をする。

俺「本当に遊んでくれるんですか?」

嬢「電話して!今日はありがと!」

金が水の泡のように消えていった。

これが水商売というやつなのだろう。

いや、いみじくも人の誕生日なんだからめでたいんだ。

そう思って一応おめでとうメールをしておいた。

祝おうという気持ちが大事だ。

2時間4万円。

ジモキャバ

33cb4c07.jpg嬢「セク天さんに逢いたいよ…」

俺「じゃあ付き合って。」

嬢「セク天さん次第だよ。」

男なら不言実行というわけで俺は自転車でジモキャバに向かった。

嬢「セク天さ〜ん!」

来てやったぜ。すげーめんどくせ。

嬢「ちょっと待っててね。」

指名嬢が呼ばれてヘルプ嬢が付く。

ヘルプ嬢と意気投合しいつの間にかカウンセリングモードへ!

ヘルプ嬢「え〜なんで〜。」

俺「俺には人にカミングアウトさせてしまう何かがあるらしいよ。」

ヘルプ嬢「ほんとかも〜だって癒されるもん。」

俺「じゃあ遊ぼうよ。」

ヘルプ嬢「え〜。」

俺「一晩中頭撫でててあげるから。」

ヘルプ嬢「それヤバいんだけど〜。」

俺「Hなことなんてしなくていいんだよ。」

ヘルプ嬢「ヤバい〜。」

俺「遊んじゃえばいいじゃん!遊んじゃえばいいじゃん!」

なかなかいい感じだ。俺のフォースもなかなか上がってきたようだ。

指名嬢到着。

俺「アフター行こうぜ。」

嬢「終わるの6時だよ。」

俺「今3時じゃん!!」

・・・

俺「付き合ってもらえるんですか?」

嬢「考えとく〜。」

なんじゃそりゃ(ノ`Д´)ノ!!



まあいいや。2万円払って退散。

No1嬢と昼キャバ嬢の誘惑

0ff51f92.jpg今月はNo1嬢と昼キャバ嬢が誕生日らしいので営業メールが来た。
No1の方は行ってシャンパン入れるって約束してしまったから行かねばなるまい。

正直なぁ。
キャバクラとか行くのもめんどくさいんだよな。

No1にシャンパン入れて昼キャバ嬢にまで会いに行ったら金が飛ぶよね。

今月はあまりクラブ系に金を使いたくないところ。

でも俺にはSWEET HEARTがいるもんね。

彼女は色恋とか営業抜きに俺の体調を気遣ってくれる。

俺の中でNo1嬢だ。

彼女さえいてくれれば他は正直金がかかるだけで発展しそうにない。

そろそろ遊びすぎの反省からか緊縮財政に入りたいのだよ。
mixiのオフ会ナンパも続行したいし。


今日はロマサガ3のラスボスの戦闘曲に歌詞を付けてみた。
今まで味わったこともないような達成感を味わったよ。
やっぱ俺には音楽だよな。

最近YouTubeなどにアップされている
クリエイターによるハイクオリティな動画を見ていると
負けてられないな、という気分になる。

触発されているのだ。

俺の曲をみんなに聴いてもらいたい。
俺の才能を磨きたい。

そんな想いが最近している。

「女よりも熱中できるものを探せ」村上龍

女よりも熱中できるものが見つかりそうだ。

今日もmixiオフ会

今日もmixiオフ会だ。
(またキャバ熱が燃焼しだしたらどうしよう。)

今日は女性参加者の割合が多いパーティということだが…

参加料8000円は痛てぇなぁ。

この値段がキャバクラよりも得かどうかは腕の見せ所。

頑張らねば(゚皿゚メ)

ジモキャバの誘惑

cbc2279f.JPG地元のキャバクラ二軒から嬢の営業メールが来た。

正直行くのめんどくさいが魂的にキャバ熱が燃え上がったらどうしよう。

チャリでいける距離だしな。

あ〜ゲームしよ。

付き合ってるって何だろう

0a22dd14.jpg付き合ってるって何だろう - livedoor Blog 共通テーマ

俺は今彼女が二人いる状態だが、彼女たちが夜の仕事をしているためか利害が一致していない。

俺の思い通りにしたいのも山々だがどうにもならない。

何故思い通りに行かないのか。

俺の力不足なのか。

そもそも思い通りに行かせようとするのが間違いなのか。

考えても考えても堂々巡り。

考えてもしょうがない。

こういうときは一歩大人にならなきゃいけない気がする。
Categories
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
記事検索
哲学科卒。
卒論はニーチェの「ニヒリズム」。

IT会社に入ったり休職したりを繰り返す。
大学4年の12月までバンドをやっていたのに翌年1月には内定を取り付けるほどの強運の持ち主。
そう言えば2006〜2008年の空前の売り手市場の甘い汁を存分にすすった。

だが占い師に「自分の強運に振り回されることになる」と予言され、実際にそうなる。

高校受験のとき、人生への絶望からうつ病という厄介な病気になる。
噂のクライムアクションゲーム「Grand Theft Auto」シリーズをやり込んでから仕事に目覚める。

Dry your Tears with Love...










訪問者数

livedoor画像検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ