♂フーゾク漫遊期♀

サブカル・フーゾクの世界から日本の将来を考える。

今宵も楽しくパーリナイ!

耳をすませば鬱になる

デイケア

最近はと言えばデイケアに通っている。

週3から生活リズムを正すような施設のことだ。

ここでうつ病が治るのだろうか・・・

お久しぶり

やっぱ言いたいこと言うのはこのブログだ。

最近1日二回とか盛った中高生みたいな頻度でオナニーしている。

もうアラサーですよ?

どうなっているのやら…

それはそうと、徐々に復職へ向けて一歩一歩歩き出している。

精神障害者手帳もゲットしたから就活したら内定もらいやすいかも。

企業は何%かの割合で障害者採用しなきゃいけないっていうのはリサーチ済みだ。

まあやってやるぜ!
みてろー!

耳をすましても鬱になるな

5c87e203.jpg「耳をすませば」見終わったぜ。
最後の聖司(「せい・し」で漢字変換だw)の「結婚しよう!」には激ワロタw
付き合う前に結婚かよ!
雫も了承してるし。

過去(中学時代)にトラウマがない限り、別段「たまに吹き出すくらい笑っちゃうけどそこそこいい話だな」で終わるような、可もなく不可もなく家族で見れるような正統派宮崎アニメだ。

途中で聖司の上着を雫にかけて雫を後ろに乗せて自転車二人乗りとか羨ましいなとか思ったけど、高校生カップルの自転車二人乗りで女にペダルこがせてる奴とか見たことあるので、それ以上のルサンチマン(怨恨感情)は抱かなかった。

小説家になりたい?

俺もサラリーマンだけにはなりたくなかったので村上龍の「テニスボーイの憂鬱」を読んで一時期小説家になりたいと思ったが、結局「なりたい」という漠然とした気持ちがあるだけで具体的に「何をするか」という行動をしていなかった。

人生経験も浅いから大した事も書けない。
夢見る少年の浅はかな野望だった。

まあそんなこんなで結局リーマンで鬱ですよ。
人生こんなもんですよ。

でも雫の「自分を知りたいから勉強する。高校にも行く。」って言うセリフには前向きな意思が感じられた。今まで小説を書くことが彼女にとって受験勉強からの逃避行為だったからだ。

こんな人生送ってたらキャバクラ行ってくだまいてなんてこともなかったんですかね。何が幸せなのか俺には分からない。

未来は変えられる。
この言葉を信じて人生を楽しむ努力をしよう。

テニスボーイの憂鬱〈上〉 (集英社文庫)

耳をすませば鬱になる 〜後編:実況〜

233ac8ce.jpg耳をすませば・・・
件のDVDをTSUTAYAで借りて来たYO!

家とか駅とか電車とか看板とか描写がえらい細かいな。
びっくりするぜ。
ホントに某地方都市って感じだもん。

主人公の女の子は大の読書好き。
借りた本にある男の子の名前を見つけます。
そこから物語が発展するわけですが・・・

保健の先生とみんなでご飯を食べたり受験を控えた中学生にしてはのほほんとしています。
青春まっしぐらって感じです。

んで

「もう!ホント鈍いわね!あの子はあんたのことが好きなのよ!」

「(((( ;゚д゚)))エッ!?そんな!俺困るよ!だって俺はお前が好きなんだよ!」

激ワロタw

こんな経験あったようなないような。
三角関係四角関係あったよね。

いいなぁ(′∀`)
中学生の恋愛。

ジャムが始まったぞ。
ミュージシャン魂が萌えてきたぞ。

なんだ心温まるいい映画じゃないか。
どこが鬱映画なんだ。

しかし聖司君中卒でバイオリン職人ってどうなのよ。
それに人生賭けるのはミュージシャン並みにリスキーだ。

バイオリンの単価・・・
ストラトバリウスクラスを作れるなら将来安泰だろうが

1.単価が安い
2.需要が少ない

じゃあ将来不安だね。
ITの方が儲かるね。

将来はイタリアでバイオリン職人・・・
俺は中学時代に一番なりたくなかったサラリーマンになっている。

中学時代進路希望でアルゼンチンでサッカーやりたいって奴いてスペイン語とか勉強してたけど今頃うだつのあがらない人生送ってんだろうな。
俺のことを「顔色悪い」とさんざんけなしてきたが、結局最後は勉強の出来る奴が勝つと思っていた。

と思っていたらやっぱりだ。
俺に目を付けてきた奴ら・・・

空手推薦で高校入った奴は日本一取れなかったに違いないがホストになっていた。
こいつはある意味人生の成功者なのかも知れない。

サッカー推薦で帝京入った奴。
結局引退試合にも出れずボクシングをやっているらしいが名前を聞かない。

うだつがあがらない奴ら・・・
俺もか?

過去を振り返ってしまった。
この作品を通して隠蔽していた黒歴史を振り返らされた。
そういった点ではこの作品は罪深き作品である。

うわー泣きたくなってきた。
家族がうるさいから集中して見れない。
やむなく中断。

大事な事は人生楽しもうとしているかだと思う。
俺の20数年の人生で悟ったことは人生はほっといても楽しくならない。
楽しくなるよう営業努力をするか現状を楽しもうと努力するしかない。

耳をすませばを見て鬱になった人は自殺なんてしようと思わないでこれからの人生を楽しむ努力をして欲しい。
学生時代が黒歴史なら金で解決キャバクラ、セクキャバ、風俗という手もある。

過去は変えられないけど未来は変えられるのだ。

結論:中学時代が黒歴史な人には否応なく過去を振り返られされるので鬱になるかも知れないが、そんなことを言ってもうだつがあがらないのでこれからの人生を楽しむ努力をした方がよい。

耳をすませば

耳をすませば鬱になる 〜前編〜

aa853178.jpg中学時代の夢を見た。
10代の頃に関わった人間が出てくる夢は大抵悪夢だ。
何故なら俺の10代が風呂のカビにも劣らぬほど真っ黒に染まった黒歴史だからだ。

ああ、嫌だ…

10代の頃は毎日が嫌だった。
生きていることすら嫌だった。

そんな中今ネットで話題沸騰の映画がある。
宮崎駿監督の「耳をすませば」だ。

耳をすませば


この映画ガキの頃見たような微かな記憶があるが、大人になってから見た人間が死にたくなるという事例が後を絶たず、2ちゃんねるでスレッドが立っているほどである。

2ちゃんねるスレッド

以下この作品のレビューである。

完璧に“理想”を並べただけのフィクションのくせに
細部まで意図的に現実的に作りこんでるから
こんなありえない“現実”を錯覚させて
自分の現実と強引に照らし合わさせて
見た者を欝に追い込む
悪意に満ちた作品

引用記事

うおー気になるな。
TSUTAYAで借りて見てみるか。
Categories
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
記事検索
哲学科卒。
卒論はニーチェの「ニヒリズム」。

IT会社に入ったり休職したりを繰り返す。
大学4年の12月までバンドをやっていたのに翌年1月には内定を取り付けるほどの強運の持ち主。
そう言えば2006〜2008年の空前の売り手市場の甘い汁を存分にすすった。

だが占い師に「自分の強運に振り回されることになる」と予言され、実際にそうなる。

高校受験のとき、人生への絶望からうつ病という厄介な病気になる。
噂のクライムアクションゲーム「Grand Theft Auto」シリーズをやり込んでから仕事に目覚める。

Dry your Tears with Love...










訪問者数

livedoor画像検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ