キャバやら風俗やら行かなくなって久しいが、最近はと言えば平日はデイケアに通ってリハビリして土日はゲーム・ネットざんまいだ。
フーゾクライターとしてはあまり活動していない。

最近ではゲーセンのボーダーブレイクという対戦型ロボットアクションにハマっているのだがあまりにも金をつぎ込みすぎるのでモンスターハンター3とかアーマードコアとか、今更鬼武者とか買ってゲーセン欲を抑えようとしている。
効果はあると言えばあるのだが、別物と言ったら別物なので困りものだ。

あ、風営法と言えばゲーセンも含まれるからゲーセンもフーゾクか。
あー、書いてたらまたやりたくなった。

ボーダーブレイクが金をつぎ込むシステムになっているというのは、このゲームが時間制になっているからだ。
時間を買うのにコイン(100円玉)を投入する。
500円をつぎ込むと1550秒(ポイント)やれるというシステムになっているため、毎回500円単位の金を投入することになるのだ。

しかもロボットの武器を購入するのにこのポイントを使うので金がかかってしょうがないという恐ろしいゲームだ。

まあキャバクラ1時間4000円と考えれば、ゲーセンだと4000円なんて相当遊べるからどっちかと言えば得か。
4000円払ってサービスを買うなんてしなくてもよいのである。

今の世の中擬似恋愛以外のコンテンツが目白押しなのである。
草食系男子も増えるわけだ。

また気がむいたら更新します〜