1552e894.jpg会社でマネージャと面談してきた。

オフィスが静か過ぎてびっくりした。
誰もほとんど喋らない。
IT企業なんてそんなもんか。

実際問題、会社行っただけでかなり具合が悪くなった。
会社勤めとかまじで無理かも知れん。

マネージャとは俺の復帰について話し合った。
俺は復帰の際に産業医と話し合って復帰プログラムを受けることになる。

会社側の俺の評価としては短期間で具合が悪くなったということがネックになっているみたいで、それを見抜けなかったマネージャは上司か人事から小言を言われたらしい。

面談とかだけじゃメンヘルは見抜けないだろと思う。
企業側が個人の通院歴とかのデータを詳細に入手できない限り不可能だ。
ただこの方法は個人情報がうんたらとか言われている昨今じゃ無理だ。

とは言いつつも、長期休養期間を取ったにも関わらず大して回復していないことに少し絶望した。
けがとかと違ってメンタルの場合、特に俺の場合は精神状態を修復というか普通の人のデフォルトまで持っていくにも休養だけじゃダメみたいだ。

俺の場合は「純然たるうつ病」とは違って「適合障害」らしいのだが、こうなってくると本気で精神障害者手帳を貰おうかと思った。
もはや健常者として働くのは不可能じゃないか。

会社で働けなくなったら親とか納得させるのもめんどくせーし小言言われてうぜーとか思ったけど、死ぬほどの絶望でもなかったな。
また次死ぬと決めたら死ぬんだろうか。

こりゃあ整形して芸能人にもでもなって女性に食べさせてもらうしかないのかな。
あるいはロックスター。

また金になんねー芸能かよー!
あーせっかく大学まで出たってのによー!

とりあえず現状はヨガのモチベーション上げてメンタルを強化するしかないのかな。
ダンヨガのマスターヒーラーにはならねーぞ(笑)