af30dce2.jpg最近坑うつ剤の減薬に挑戦している。
大学のときの後輩でマイミクの女の子が減薬に挑戦しているという日記を読んで触発された。

その子は会社勤めが体質に合わず、アルバイトを転々としている。
彼女は薬を減らそうとして減らせずにいる自分に対して自己嫌悪に陥ったり、薬を減らしたら変な夢を見たりと奮闘している。

彼女の奮闘記を見てたら「俺も挑戦しなくては」と思った。

復職1回目は坑うつ剤の眠気でかなりしんどかった。
その頃はまだ覚醒系の薬を知らなかったので、カフェインを摂取しては吐き気をもよおしていた。

坑うつ系の薬は眠気を誘発するので精神的負担の軽い今のうちに減薬しておきたい。
ドグマチールが基本の治療薬なので、補助剤的なワイパックスから減らすことにした。

1mgを0.5mg×2錠にしてもらってちょいちょい減らして呑んでいる。
最初はしんどかった。

症状に対する薬の効き具合がどうとかじゃなくて、精神的に薬に依存している部分というのがかなり大きいので、減薬当初は精神的に堪えた。

慣れればどうっていうこともない。
次々と減薬へ挑戦しようという気にもなる。
ドグマチールも一日3錠のところを2錠にしてみたりする。

睡眠薬も銀春2錠は多すぎるので、銀春1錠に金春1錠にしてみたり、疲れている日は銀春1錠で寝てみたりする。
睡眠時のデパスは呑まなくても良くなったが、マイスリーはまだまだ10mg必要みたいだな。

ヨガの影響で思考が変わったのかな?
最終的にはうつが治った状態で薬を呑まなくなるようになりたい。