1f4af4af.jpgコンサルファームの人事のカリスマが言っていた言葉、「戦略的思考停止」。

どういうことかというと、「俺はこいつには絶対勝てない」と思った上司の言うことは絶対服従で、そのときに戦略として思考を停止するというものだ。

このときの思考というものが「なんでこいつに従わなくちゃいけないんだ」とか「なんでこんなことしなくちゃいけないんだ」といった、ビジネスで足を引っ張るような余計な考えの事で、そいつを戦略的に停止させようという試みなんだね。

そんな「こいつには絶対敵わないのでこいつの考えには絶対服従」なんて上司が現れるだろうか?
なかなかいないよね。
そのカリスマ的には社長がその対象だったらしい。

哲学の「方法的懐疑」が骨まで染み付いている俺には無理な芸当だな。
懐疑とは無縁のある種の「馬鹿さ」とバイタリティを持ち合わせたビジネスマンにはなかなかいい方法論かも知れない。

何事も疑っていたら前に進めないんですよね。
理性主義の限界を感じつつある俺にはそう思った。