3561ae3e.jpg
e23caf06.jpg
38a1699e.jpg俺がリスペクトしているブロガーさんがブログをやめるらしいのでその精神を俺が引き継ぐことにした(許可取ってないんだけど)。

女と接するときには「刹那」という単語を使いたいと思う。

嬢「じゃあ7時に池袋で待ち合わせね。食事しよう。」

俺「あ、はい。」

Nに紹介された池袋のキャバ嬢。
会ったこともないのに食事することになった。

どうせ同伴だろ?
まあいいや。
たまにはキャバクラもいいだろう。

嬢がちょっと遅れるようなので喫茶店で待機。
ギャル共の携帯着信音がうるさい。

嬢からの連絡だ。
早速合流しよう。

嬢「はじめまして!」

俺「どうも。」

嬢はちっちゃくていまどきのキャバ嬢らしくサングラスをしていた。
髪はさらさらストレート。
目は整形してるんじゃないかと思うくらい大きくて整っている。

二人で居酒屋で食事をした。

嬢「どんな人が来るか心配だったんだけどいい人そうで安心した!」

俺「そう?」

そりゃそうだ。
Nの紹介とは言え面識がなく初対面なのである。
女の子からしたら不安であろう。

こんな出会いは高校のときにやっていた出会い系サイト以来である。
今回の出会いはメル友と直接会うような臨場感があった。

女性と接するときは男としての潜在能力を試されるいい機会である。
従って彼女の前で薬を飲むなどもってのほかで、喫茶店で待機しているときにあらかじめ薬を飲んでおいてよかった。

彼女はO型で人見知りをしない大らかなタイプ。
A型の俺との相性はばっちりであろう。

店はダンサーが踊って接客もするショーキャバらしく、正統派キャバレーといったところだ。
彼女は昼からダンスのレッスンをしていたらしい。
2月から踊ることになっているという。

小1時間喋ってから店へ同伴。

嬢「同伴してくれると思わなかった!」

俺「そのつもりじゃないのw?」

彼女としては俺が食事してそのまま帰る可能性も懸念していたらしい。
俺は「キャバ嬢と食事=同伴」と考えていたから当然の如く同伴した。
その店は同伴・指名料がかからないらしいのでまあいいよね。

そこは内勤もウェイトレスの女の子を使っていて、その女の子たちも呼ぶことが出来るらしい。

速攻カフェパリを入れる。

嬢「ありがと〜!」

俺「いやいや。」

内勤の女の子とヘルプの子が付く。
内勤の女の子の一人が誕生日らしいのでカフェパリを振舞った。

いよいよショーの時間。
以前歌舞伎町の昼キャバ嬢が掛け持ちしていた池袋のショーキャバでショーは見たことあるのでこの店はどんなショーがあるのか楽しみだった。

ダンスっていいよね。
女の子が踊っている姿を見ていると心を奪われるというかいいストレス解消になる。

カフェパリ一本じゃ足りないのでもう一本入れた。
あー大分酒が回って来たな。

VIPルームでまったり。
初対面にしては結構仲良くなれた。
水曜日が休みなので遊んでくれると彼女は言う。

俺「まじで!?」

嬢「遊ぼうよ。」

まあキャバ嬢の言っていることだからな。
話半分で楽しみにしていよう。

カフェパリも2本空けたところだし帰ることにした。
外はすごく寒い。
彼女は結構長く俺を見送ってくれた。

心がちょっと軽くなった。
水曜日楽しみだな〜。
遊べたらいいね。

帰りに池袋駅にあるクッキー屋でクッキーを買って食べた。
大の男がwと思うが俺は超甘党である。

歌舞伎町よりも池袋の方が近いな。
これからは池袋に通うかも知れない。

中学生時代から身近だった池袋に新境地を開拓出来た。
俺も大人になったものだな。

2時間半 56,000円+クッキー代 1,000円

ランキングエントリー中!