気合一発ということで最近溜まってしょうがなかったプラス
西川口のリベンジを込めてイメクラに逝くことにした。

なぜイメクラか?
キャバのボーイ時代の店長の言葉。

店長「ソープ(嬢)は(セックスというものを)割り切っているけど
   イメクラは恋愛を楽しめる」

  「サービスの何たるかを知りたければ風俗へ行け」

店長、俺にフォースを分けてください…

というわけで無料案内所でよさげなイメクラを紹介してもらい
店で写真を見せてもらってよさげな子を選んで金を払った。

店員「ホテル代は別です。」

また別か(ノ`Д´)ノ!


ホテルへ着いてベッドで横になると疲れがどっと出た。
キャバ嬢と遊んで風俗の事務手続きをするだけでこんなに疲れるのか。

さて、写真どおりの可愛い子が本当に来るのか
緊張の時間だ。

待つこと約10分、ドアにノックが。

嬢「こんにちは」

また写真と違う!と思ったがまあまあ可愛かったので許すとしよう。
若干太めなギャル系の子だ。

ベッドで俺の隣にちょこんと座る。

俺「押し倒していいですか?」
嬢「はい」

押し倒して胸を揉んで首筋にキスして

嬢「シャワー浴びましょうか」
俺「はい」

シャワーで体を洗いうがいした。
俺は先に出て体を拭いて彼女を待っていた。

いよいよプレイ。
Dキスと愛撫で前戯。

そして嬢の股に手をやり、指でペッティング。

そしたら締まる締まる。

女体の神秘や(*´Д`*)

興奮した俺の息子はびんびんに立っていた。
あそこ突っ込んだら気持ちいいんだろうな。

まあヘルスなので我慢しよう。

ヘルス!?

イメクラじゃねえのか…
してやられたぜ…

そのままFへ
至福の時間…

嬢「素股してみます?」

素股…
気持ちいいのか?

俺「お願いします」

と油断したら…

息子(ノ`Д´)ノ!!


いつの間にか萎えていた息子。

ヤバい、フォースを注入せねば。

フォース(ノ`Д´)ノ!!


息子♪ 息子♪ 大きく育て♪ 大きく育て♪
(^∀^)アッハッハッハハ

ヘイ(`Д´)9m!!


俺の記憶にあるエロい映像を総動員する。

起たない!!

立つんだジョー(ノ`Д●)ノ


俺「手でやっちゃって下さい」
嬢「はい」

結局ローション手コキ。
なかなか起たない。

数分後…

やっと起ってきた!
よしいいぞ!

徐々に高まるボルテージ。

あっ!会社で殺したいほど超嫌いなひげオヤジの顔が浮かんだ!

最悪だ(氏ね!じじい!)!

しかし肉体的快感はそんな雑念を振り払うのに十分官能的だった。

(*´Д`*)パァァ


うんうん。
この調子この調子!

嬢と一緒にエレベーター待ちをしているときに俺は嬢を抱きしめた。

俺「こういうの嫌いですか?」
嬢「見られたら恥ずかしいじゃないですか」

嬢「じゃあ気を付けて」
俺「お疲れ様でした」

おっとり系のなかなかよい嬢だったぞ。
相当スッキリしたし満足度95パーセント!

次こそイメクラだm9(^Д^)プギャーッ!